©2019 by Beautiful Aging

 

40代以降の女性の体力低下を防ぐ、賢い炭水化物の摂り方

最終更新: 2019年9月15日


*******************

はじめてブログを訪れてくださった方へ


オランダ発 科学的エビデンスから非科学まで「女性が健康で幸せに生きていくためにできること」をお伝えしています。

大学病院~離島まで、保険診療~自由診療まで、病気に悩む人~長寿の人まで、生まれる前~最期の最後まで、診て体験して学んできた西洋医学の世界、そして西洋医学では補いきれない世界にも踏みこんでいきます。

そしてなぜ今オランダにいるのか? まずはここから

*******************


気力ではどうにも乗り越えられないことが増え、子供がいるなら、なおさら身に染みて体力の低下を感じたり、体力の限界の底が見え始めるのが30代から40代にかけて。


20代の頃はどうしてあんなに疲れ知らずだったのか、と嘆きたくなりなる一方で、ご年配で元気に活躍されている方の姿に励まされたり。


年相応の体調の変化を受け入れつつも、やっぱりエネルギッシュであるに越したことはなくて、やりたいことがもっとたくさんできるようになるし、気持ちにも余裕が出てくるはずです。


そこで体力をつけるためにできることは何か?


体の細胞を作る原料となり、維持するために私たちが毎日口から摂り入れるもの


"You are what you eat."


という言葉があるくらい、食べ物を見直すのは基本中の基本です。


耳タコレベルの話かもしれませんが、健康情報が入り乱れる中で何がいいのか、何を信じればいいのか、全ての医師がよくわかっているわけでもないのが現状です。


それには事情があり、詳しくはまた別の機会に触れるとして


あまりにも見て見ぬ振りのできない現状にじっとしていられず、私自身も本当の信じていい情報を追求中です。


今回は炭水化物について。


「炭水化物は太る」


と敬遠されることもありますが、栄養学的にはエネルギーを作ってくれる重要な栄養素。


また


「ご飯を食べないと元気が出ない」


と食べ過ぎてしまうのも問題ですが、全く食べなかったり、摂取量が少なすぎて体力が落ちているなら、炭水化物の摂り方を見直す価値があります。


ここで重要なポイントはどういう形で炭水化物を摂取するかです。


ズバリ


精製されていない白米、つまり玄米と、精製されていない小麦、つまり全粒粉、そのほか大麦、オート麦、ライ麦、キヌア、雑穀類、そば粉


簡単にいうと、白くない炭水化物です。


玄米を精米する過程で取り除かれてしまう胚芽、ぬかや、全粒粉が精製される過程で取り除かれてしまう胚芽、表皮の部分に含まれる食物繊維とその他の栄養素(ビタミンB、ビタミンE、食物繊維など)を、丸ごと精製されない形で摂取するのがポイントです。


精製されていない炭水化物の摂取により動脈硬化や2型糖尿病の発症のリスクを抑えると言われるように健康に良いのはもちろん、女性としてうれしいことに、精製されていない炭水化物の摂取量が多い人ほどBMI ( body mas index: 身長と体重から計算される肥満度)が小さく、腹囲が小さいことが示された複数の研究もあります。

(参考文献 Harland JI, Garton LE. Whole-grain intake as a marker of healthy body weight and adiposity. Public Health Nutr. 2008;11(6):554‐563.)


もちろん、食べなければ痩せます。日頃からカロリーオーバーならともかく、食べなければお腹は空き、そのようなダイエットは長続きせず、勧められるものではありません。だからこそ食べるならより良いものを選びたいですよね。


体力の低下を自覚し始めた40代からは、上記のような精製されていない炭水化物でのエネルギー摂取は賢い選択のひとつです。


これまで白米を玄米に置き換える。これまでの白いパンを全粒粉に変える。


このやり方が最も手っ取り早い方法です。ご自身の体と相談して試してみるのは大いにアリです。



===============

【体力&気力アップMyカルテ】

働くママが、世に溢れる健康情報、数々のダイエット法、世間の価値観に惑わされず、本質を見極めるために、心と体のバランス、家庭と仕事のバランスなど日々の変化を把握する

「ライフバランス・チェックシート」、自分にあった自己管理の方法を見つけるための「セルフ処方ガイド」を含むMyカルテを、5日間の使い方解説メールつきでプレゼント。

医学&心理学の経験と知識から生み出された「Myカルテ」、健康で幸せな美しい女性でありたい方はぜひ、こちらより